×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



江ノ島電鉄LINK集

江ノ島電鉄株式会社(えのしまでんてつ)は、神奈川県に1つの鉄道路線(江ノ島電鉄線)を有する小田急電鉄系の鉄道会社である。本社所在地は神奈川県藤沢市。江ノ電(えのでん)と略称される。前社名は江ノ島鎌倉観光株式会社。戦前・戦中は東京横浜電鉄(現:東京急行電鉄)傘下であった。現在は非上場であるが1978年までは株式を公開していた。小田急電鉄傘下となったのちも東京急行電鉄や五島昇などの大株主もあった[2]。 鉄道事業のほか、関係会社の株式会社江ノ電バス藤沢及び株式会社江ノ電バス横浜からの路線バス・貸切バス・特定バス運行管理受託事業、不動産業、観光業も行う。かつては子会社によって百貨店業も営み、藤沢駅に「江ノ電百貨店」もあったが、1985年からは小田急百貨店藤沢店になっている。なお、同ビルは現在も江ノ島電鉄が所有している。

ノッツェ やずやの千年ケフィア ドクタータカハシ リルジュ アイラッシュエッセンス クリティア ヨガLAVA ブライダルネット パートナーエージェント リフィート にんにく卵黄

東京から一時間弱という距離ながら、ローカル線の雰囲気を満喫でき(しかし日中12分間隔運転なので不便でない)、なおかつ、沿線が若くて明るいイメージの湘南と、かつて幕府があった古都鎌倉であり、著名な観光名所や名勝が多数存在し、さらに車両と路線が特徴的で被写体になりやすい所から、テレビドラマやグラビア写真の撮影に利用されることが非常に多い(一部著作への出演については後述)。 社名の「江ノ島電鉄」で呼ばれることは、小田急江ノ島線・JR東海道線・JR横須賀線の乗り換え放送で「江ノ島電鉄線」と案内される以外にはほとんどなく、一般人や会社自身も専ら「江ノ電」と呼んでいる。 地下鉄・モノレール・新交通システムを除き、全ての駅の全てのホームに上屋(屋根)が付いているのは、日本で唯一、江ノ島電鉄だけである。 2009年10月14日より京福電気鉄道(嵐電)と営業面での提携をすることになった。これは、京福が開業100年、江ノ電が全通100年になるのを記念し、同じ古都を走る路面区間を持つ鉄道会社同志ということで始まったもので、国内の鉄道会社同士がこの様な姉妹関係を締結するのは初めてのことである。両社は1980年代より広告宣伝では既にバーター契約を結んではいたが、今回はもっと踏み込んだ関係となり、両社ともそれぞれ相手側の車両色に塗装した記念の企画車両(江ノ電側は「嵐電号」を、嵐電側は「江ノ電号」)を2011年3月まで運行する予定。なお、あくまでも営業的な提携に過ぎず、資金面や業務的な提携ではなく、姉妹提携という形をとっている。

うるおいのもと プラソン ノッツェ レオパレス21 やずやの香醋 ノッツェ デルメッド 栗東スポーツ ミョウバンクリーム マッチ・ドット・コム

現存する車両の特色としては、すべての編成において2両1組の連接車であり、これを単編成もしくは2編成をつなげた4両編成(社内呼称では『重連』と呼ばれる)で運行されている。その特殊性から現有車はすべてオリジナル車両であり、東横車輛電設(現・東急テクノシステム)で製造された305編成を除き、すべてが東急車輛製造製である。 軌道時代の名残りからか、最新車両でも中央運転台方式を選択しており、近年では東急玉川線からの転入車(旧東急デハ80形を改番した600形)が左運転台であったが、それ以外は譲受車を含め新旧問わず中央運転台方式を踏襲している。 形式間の列車組成に差別は無いが、最古参の305編成は車長が短いため繁忙期には車庫で休む傾向が多い。同編成は平行カルダン駆動に改造済で冷房も搭載しているが、板張りの床・バス窓・ツーハンドル制御であり、そのレトロ感から江ノ電のイメージリーダー的車両である。ファンの間では「フローリング車」と呼ばれている。 1000形1001, 1002, 1101, 1201各編成(1979年 - 1983年製)は吊り掛け式であり、特に1201編成は日本国内向けに製造された1067mmゲージの普通鉄道車両では最後の新造吊り掛け式車両である(東急車輛製造製)。1960年製の305編成がカルダン方式に更新されているため、年代の逆転が起きているのも興味深い。 500形はVVVFインバータ車であり、車内各ドア上部にツインモニターを備え、右側には停車駅案内、左側にはDVDによる沿線の観光ガイドを放映している。 305編成は、左力行・右制動のツーハンドル、その他の車両は右手操作のワンハンドル式であり、いずれも電気指令式制動で形式間の差別無く連結でき、総括制御が可能。そのため組成の制約が無く、運用にもよるが、最新のVVVFカルダン車と抵抗制御吊り掛け車が編成を組む日本国内唯一の路線である。ただし、4両編成を組成する場合、吊り掛け車は空制のみになるため、吊り掛け車同士の連結はフェイルセーフのため、あまり行われない。 車両の新旧に関わらず、現在では全ての編成に自動放送装置が設置されている。

ユーポス いまのりくん バイクブロス プラソン ツヴァイ アテニア ミスパリ プレマリ エルセーヌ 茶のしずく石鹸

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



Copyright (C) 2009 江ノ島電鉄LINK集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4